多様化する航空会社のかたち、日々サービス改善を目指すLCC!

- 多様化するLCCで格安航空券の概念が変わる

浅草名物雷門

多様化するLCCで格安航空券の概念が変わる

飛行機は陸路と比べて利便性は高いけれど、料金が割高というイメージが一昔前はありました。
しかし国内のLCCの参入に伴い、コスト削減が徹底されて、格安航空券が出回るようになりました。
そしてLCCに参入している航空会社の数が増えた事で、格安航空券でもサービスが充実している航空会社が増えてきています。ではそんな多種多様なLCCについていくつか紹介していきます。

LCCのメリットとデメリット

イカ焼きの屋台

まずLCCの各社について紹介する前に、LCC全体のメリットとデメリットについて紹介します。
LCCのメリットと言えば、航空券の安さにあります。
元々LCCとは、ローコストキャリアの頭文字で、徹底的にコストを削減する事で、料金を安く抑える事を目的に設立された航空会社です。

従来の大手航空会社の料金と比較すると、同じ路線であっても、半額以下の料金で購入する事が可能です。
ただし、LCC参入直後は、安いけれどサービスが悪いというデメリットもあった事は事実です。

無料の機内サービスがなく、機内サービスを利用しようとすると、全て有料サービスでした。
また荷物の預け入れも有料で、座席配置が狭く、窮屈なので機内でリラックスする事が出来ませんでした。

そして遅延やフライトのキャンセルが多く、欠航になった場合に、一切保証がなく自己負担となってしまいます。
そのため旅行慣れしていない初心者は、大手航空会社を利用する方がトラブル時に安心と考えられていました。

その他、LCCの使用空港は、離発着料を抑えるために、メジャーな空港ではなくローカル空港を使用するため、市内から離れた場所に空港があり、市内までのアクセスが悪いという点もデメリットでした。

今、LCCのデメリットについて紹介しましたが、LCCに新たに参入する航空会社が増えた事により、ただ安いだけでは集客出来なくなってしまいました。そして各LCCはサービスの向上に努めた結果、機内での無料サービスがあったり、座席シートがゆっくりした設計になっているなど、サービス面でも満足出来るLCCが増えてきています。

特にLCCの中でも大手航空会社と提携を結び、コードシェア便となっている路線に関しては、サービスの質は大手航空会社と大差がないと言えます。

LCCは地方の活性化に役立つ

先ほどLCCのデメリットとして、LCCはメジャー空港ではなくローカル空港を使用するのでアクセスが悪いと紹介しました。
確かに、メジャー空港の成田空港は世界的にみても高額な利用料を支払う必要があり、資金力がある大手航空会社でなければ利用料を支払う事が出来ません。

そのためLCCの場合は、成田空港ではなく、利用料の安い茨城空港を使用する訳です。
ですがそうする事で、赤字で採算がとれずに苦しんでいたローカル空港が活用されるようになりました。
また多くの観光客がローカル空港に訪れるようになった訳です。

そうなると観光客誘致が難しかった地方に目が向けられるようになり、ビジネスチャンスが生まれます。
こうしてLCCがローカル空港を使用する事で、地方活性化に役立ちます。

例えば、北海道や東北を主な拠点にしているLCCはエアドゥ、北九州を主な拠点としているLCCはスターフライヤー予約といった感じに分かれています。

多様化するLCC

またLCCの新規参入が相次いだ事で、LCCと一言でいっても、各航空会社によって提供するサービスが異なり多様化し、棲み分けが進んできていると言えます。

例えば国内のLCCは短距離の路線が大半でした。
地方空港を拠点として、短い路線を飛ぶ事で、短時間の運航だからこそ座席が狭くても機内サービスがなくても我慢出来るとサービスを排除し、コスト削減を行ってきた訳です。

しかしながらLCCの1つであるジェットスターは、中長距離運航への進出に乗り出してきています。
中長距離で長時間の運航になれば、機内での快適さが求められるようになります。
そしたら座席の狭さが改善され、機内サービスも求められるようになってきます。

そこでサービスに対する考え方も変わってきて、サービスを充実させたり、LCCの固定観念に捕らわれない新しいサービスが誕生しつつあります。