リージョナルエアラインなら格安航空券が可能な理由

- リージョナルエアラインなら格安航空券が可能な理由

浅草名物雷門

リージョナルエアラインなら格安航空券が可能な理由

国内のLCCの格安航空券は料金的には満足だけど、サービス的にはやはり大手航空会社のサービスに劣る。
そんなイメージを持っている人は多いかもしれません。
ですが、新興航空会社「アイベックス」であれば、全路線がANAのコードシェア便なので、ANAに準ずる品質の高いサービスを提供しています。ではそんな「アイベックス」の特徴について紹介します。

アイベックスの特徴について

たこ焼きの屋台

アイベックスは、地方都市活性化を目的に設立された航空会社で、成田、伊丹、名古屋、福岡などのハブ空港を拠点に路線を拡大しています。

国内初のリージョナル・エアラインとして注目されています。
リージョナル・エアラインとは、客席数が100以下の小型機で地方の都市間を定期的に結ぶ航空事業の事です。
小型機を運航する事によって、空席率は下がりますし、また固定費を削減出来るというメリットがあります。

アイベックスが格安航空券を提供できる理由は、このリージョナル・エアラインの仕組みにあると言えます。
アイベックスは正規料金も、大手航空会社と比較してリーズナブルな価格設定となっています。
ですが、早割プラン アイベックス45、アイベックス28、を活用するとさらにお得になります。

予約の変更に関しては、チケットの種類によって異なりますが、キャンセルに関しては可能です。
マイレージポイントに関しては、ANA便名で予約をするとポイントが貯まりますが、アイベックス便名で予約をするとポイントは貯まらないので注意して下さい。

リージョナルエアラインの意義について

アイベックスは、国内初のリージョナルエアラインとして注目されていますが、なぜ今、リージョナルエアラインが注目されるのでしょうか?

従来の大型機では、採算が取れない路線は赤字になってしまうので、地方の路線は縮小傾向にあります。
ですがそれだと地方はアクセスが不便になってしまい、地方を訪れる人が少なくなり、過疎化するという悪循環に陥ってしまいます。

そんな地方を活性化するために誕生したのがリージョナルエアラインです。
リージョナルエアラインであれば、小型機で50人も乗れば赤字になりません。
効率面で考えた時に、大型機よりも小型機の方が小回りが効いて利便性が高いと言えます。

そのため今後の日本社会では少子高齢化で人口が減少していくため、リージョナルエアラインの需要はどんどん高まっていくでしょう。
そして需要が高まれば、利益が出やすく、利益を消費者に格安で航空券を販売するという形で還元してくれます。