知っておきたい格安航空券の3つのデメリット

- 知っておきたい格安航空券の3つのデメリット

浅草名物雷門

知っておきたい格安航空券の3つのデメリット

格安航空券のメリットは言うまでもなく、料金が正規料金と比較して格段に安い事です。
ですがメリットだけに目を向けずに、購入する前には、必ずデメリットもよく理解した上で、購入するかどうか判断するようにして下さい。

赤い橋

デメリットその1:競争率が高い

まず1つ目のデメリットは、競争率が高いという点です。
誰だって料金は安い方がいいと思っているので、安い方に購入希望者が集まります。
旅行シーズンの閑散期であれば、まだ手に入る可能性は高いですが、繁忙期になると即効売り切れてしまうぐらい人気があります。

もともと数量が限定されているので、希望の日程で希望の目的地の格安航空券が確実に手に入るとは言えません。

デメリットその2:制限が多い

そしてデメリットの2つ目は、高い競争率を勝ち抜いて無事に購入出来たとしても、制限が多いため使い勝手がいいとは言えません。

例えば国内旅行の日程が変更になった場合に、日付を変更したいと思ってもほとんどのケースで変更不可となっています。
また変更出来ないならキャンセルするという事になった場合に、キャンセル料が高額になります。
そのため国内旅行の日程が変更になる恐れがある場合には、購入をオススメ出来ないと言えます。

その他、マイレージを利用してアップグレードする事が出来なかったり、そもそも購入の際にマイルが貯まらないケースも少なくありません。

デメリットその3:利便性が悪い

デメリットの3つ目は、利便性の悪さです。
そもそも航空券とは需要と供給によって価格が変動します。
利便性のいい便から空席は埋まっていくため、空席が残るのは利便性が悪い便です。

空港に早く着きすぎる早朝便や、空港に遅く着きすぎる深夜便だと、ホテルや観光施設まで電車やバスで移動する事が出来ません。
その結果タクシーやレンタカーを利用すると、その料金が発生し旅費を抑えたとは言えない状況になってしまいます。

人気のない便は、空港の立地条件が悪い場合も少なくありません。
特にLCCなどは空港の立地条件が悪く、安いけれどホテルや観光施設に辿りつくまでに時間とお金がかかってしまう事も珍しくありません。
ただデメリットばかり紹介しましたが、正規料金の半値以下の価格で旅行を楽しむ事が出来るので、やはり購入するメリットは大きい事は事実です。
ですが安いから我慢をして利用するのではなく、どうすれば上手に活用する事が出来るのか、旅行プランを考えてみる事をオススメします。