地域に特化した格安航空券が狙い目

- 地域に特化した格安航空券が狙い目

浅草名物雷門

地域に特化した格安航空券が狙い目

格安航空会社はLCCと呼ばれ、国内線でも次々と新規参入が相次いでいます。
一昔前であれば、ピーチやバニラエア、ジェットスターなど3~4社程度しか存在しませんでした。
ですが今では、各地域に根付いたLCCが多数存在しています。

なので選ぶ路線に合わせて、その地域に根付いたLCCを選ぶと格安航空券を購入出来る確率が高くなります。
では新規参入のLCCの1つ「フジドリームエアラインズ」の特徴について紹介します。

フジドリームエアラインの特徴

東京スクランブル交差点

フジドリームエアラインは、中部地方に特化した航空会社で、中部地方から地方空港を結び路線を運航しています。
静岡空港を拠点に、名古屋、青森、花巻、山形、新潟、出雲、高知、北九州、松本、福岡、鹿児島などの地方空港に就航しています。

機内サービスでは、中部地方の名産品である静岡のお茶やお茶受けに丁度いい銘菓を楽しむ事が出来ます。
また静岡空港から無料アクセスバスを運行するなど、地域に根付いたサービスを提供しています。

大手航空会社と異なり、LCCはあまり早割サービスを行っていない航空会社も多いですが、フジドリームエアラインの場合は、搭乗日の45日前までに予約をすると45割が適応されて最大で72%offとお得に航空券を購入出来ます。

他にもお得な割引プランとして、ひょいとe割、ドリーム割なども人気があります。
LCCなら格安航空券を購入する事が出来るけれど、日時変更が出来なかったり、キャンセルが不可など制限が多い。
そう思っている人も多いかもしれません。

ですがフジドリームエアラインに関して言えば、非常に制限が少なくなっています。
なんと当日まで予約変更が可能ですし、キャンセルをする事も可能です。

持ち込み手荷物は10㎏まで、受託手荷物は15㎏まで無料です。
LCCですがちゃんとマイレージポイントも貯まります。
座席に関しても、全席数は76~84席と贅沢な設計です。
そのため足元の空間も広々としていて、快適な空の旅を楽しむ事が出来るでしょう。

フジドリームエアラインはサービスが向上したLCC

国内でLCCが参入したばかりの頃は、価格重視な反面、徹底したコスト削減のために、サービス面では不満を感じる事も多々ある状況でした。しかしそれでも安ければ航空券は売れる時代でした。
しかし今日のLCCは違います。

LCCが次々新規参入した事で、消費者の選択肢は増えました。
そうすると安いけれどサービスもいい、そんなLCCが出てきたのです。
フジドリームエアラインも安いけれど、サービスがいい、そんなLCCの1つです。